お知らせ

お知らせ一覧

2018信州総文祭大会イメージソング歌詞が決定しました!

2017-05-29

2018信州総文祭の大会イメージソングの歌詞が決定しました。

最優秀賞は岩村田高等学校3年生 櫻井双葉さん の作品。歌詞に込めた素直な気持ち。それは「日々の高校生活での楽しいことや苦しいことなどの経験は、全国の高校生に共通する大切でかけがえないもの」。

この歌詞をもとに、長野県出身の作曲家である 横山克さん に県歌「信濃の国」をモチーフに、櫻井さんと話し合いながら素晴らしい曲を作っていただきました。

いよいよ6月1日(水)の第2回実行委員会にあわせレコーディングを行います。

 

 

2018信州総文祭大会イメージソング歌詞入賞者

最優秀賞 櫻井双葉さん 優秀賞 有村真尋さん、千野瑞希さん 審査員賞 小諸養護学校2年A組のみなさん

2018信州総文際大会イメージソング歌詞

 ● 

 ここに

                                                作詞 櫻井双葉

1 夕暮れ 帰り道 さがす 3 嬉しかった記憶や 悲しかった想い出が
  みつかる 懐かしいメロディ   背中おしてくれる 優しく包んでくれる
  悩んでいたあの日の 小さな出来事が   何があっても 大丈夫 暖かなこのふるさと
  明日の自分を作り出す   大切な仲間たち どんなときも ここにある
  私たちの 今は 青春は ここにある   そんな日々が宝物
  散らばって集まり 受け取っては渡してく
2 故郷は私をつつんで
  ながれる 川に癒される
  暖かな陽の光 静かに見守ってる
  山の木々が慰める
  大切なものたちは 近すぎるとわからない
  離れると気付くんだ そんな日々が宝物