総合開会式プロデューサー

2018信州総文祭の総合プロデューサーに就任いたしました。
総合開会式やパレードの演出・プロデュースを中心に、高校生たちと一緒に2018信州総文祭を大いに盛り上げてまいります。

マスコットキャラクター

NPO法人劇空間夢幻工房理事長・演出家
青木 由里(あおき ゆり)

長野市在住

プロフィール
  • 演出家/日本演出者協会会員/特定非営利活動法人劇空間夢幻工房 理事長
  • 北信州能力開発センター講師/「表現&コミュニケーション」ワークショップ講師
  • 元清泉女学院短期大学国際コミュニケーション科 非常勤講師
  • 夢幻∞Activities Program「表現としての演劇」「日本舞踊」講師
  • 日本舞踊藤間流師範藤間伊千康師事
経歴
  • 平成11年 夢幻工房旗上げ 劇団演出家・戯曲家・役者
  • 平成20年 NPO法人劇空間夢幻工房理事長 就任
  • 平成25年 県庁ピロティシアター「5000年目の夕日~縄文のビーナスからの伝言!?~」(作・演出)を上演
  • 平成26年 茅野市 仮面の女神 国宝指定記念演劇公演『5000年目の夕陽~女神たちの伝言!?~』(作・演出)を上演
  • 平成29年 幕末の須坂藩第十三代藩主「堀直虎没後150年祭」記念公演 市民劇『Straight Tiger 直虎』(作・演出/出演者数83名)を上演
活動

演劇的手法を使用した表現教育活動にも取り組む。
学校や地域、行政、企業等で開催した「表現とコミュニケーション ワークショップ」は1600回以上を数える。また、理事長を務める「劇空間夢幻工房」は舞台創造の専門集団として活動を展開。大規模な野外劇を始めライブハウスや空き倉庫、小劇場やレストランなど劇場ではない空間での公演を行い、その他、児童劇・ショートコメディなど様々なジャンルの舞台を上演している。